結婚相談所ってこんなところ/上手なお断りの方法|婚活調査サイト「アラサーみさこの婚活」

結婚相談所ってこんなところ

「アラサーみさこの婚活」とは?

独身アラサー女子が婚活の実態を報告する、婚活情報総合サイト
婚活女子アラサーみさこ IMAGE

管理人紹介

アラサーみさこ

とある企業で働く独身アラサーOL。そろそろ結婚を考え始めて婚活中。
みさこの友人 えり IMAGE

友人紹介

みさこの友人 えり

結婚願望が強い派遣社員。結婚相談所での婚活を検討中。
アラサーみさこの婚活情報 友人えりの結婚相談所情報
都道府県別の婚活情報 婚活なんでもランキング その他の婚活お役立ち特集 管理人の婚活コラム 私達はこうして結婚しました

管理人:アラサーミサコの婚活ブログ

ブライダル情報センター

ご自分のペースで無理なくお見合い相手を選べる結婚相談所。

お見合いパーティーのエクシオ

日本最大級!!全国47都道府県でお見合いパーティーを開催中。2010年度は、男女のべ参加人数40万人を突破。

合コンセッティングのステラ

幹事さん必見!!2名以上のグループ同士の合コンを、全国47都道府県でセッティングしています!
広告募集中

広告募集中

TOP > 友人えりの結婚相談所情報 > 結婚相談所ってこんなところ > 【結婚相談所入会後に知っておきたいこと】上手なお断りの方法

上手なお断りの方法

ここでは、相手方に配慮した断り方を5つのケースに分けてご紹介します。

婚活において交際やお見合いのオファーを受けたものの、どうしてもお断りしなければならない場面があると思います。
特にお見合いをしてから、交際を進めた後は、相手と顔を合せている分なかなか言い出しづらいものです。
ここでは、相手方に配慮した断り方を5つのケースに分けてご紹介します。

お見合いや交際をお断りするときの心構えとは

自分の経験談になりますが、どのケースでもまず考えたのは「できる限り相手を傷つけずに円満にお断りするか」ということです。特にお相手の方が好意を抱いてくれているのが明白な時(相手からの押しの強い場合)は、申し訳ないという気持ちもあり、受けるべきかお断りすべきかの葛藤にさいなまれます。
・・・などとエラそうな事を言っていますが、逆に自分が相手からお断りされた経験も当然ありまして!!
その時は正直やっぱりヘコみますし、早く気持ちを切り替えないと・・・と焦ります。
こんな経験から「お断りされた時に自分がどう感じたか?どう言われれば相手は納得できるのか?」ということを想像しながら改めて考えてみました。
以下5つのケースに分けてご紹介します。

お断りケース(1)〜お見合いをするつもりがないのに、勧められてしまった〜

いわゆる結婚適齢期(もしくはそれを過ぎた場合には・・・)に差し掛かると、こちらにその意思がないのに周囲の方が盛り上がってお見合いを勧められる事があります。
昔から「言われるうちが花」ということわざがあるように、非常にありがたいお話なのですが、色々な事情でどうしてもお受けできない場合があります。

一番難しいのが親戚やご近所さん、職場の上司、目上の知人などの「紹介者(仲人)」が間に立ってお見合いをした後に、やむを得ずお断りしなければならないケースです。
1対1のお見合いならお互いへの配慮で済みますが、紹介者が間に入っている時はその親戚や上司の顔も立てなければなりません。気を遣わなければならない方だったりすると、ただお断りすればいいというものではないのでさらに悩んでしまいます。
では一体どうすれば上手くお断りできるのでしょうか?

まずは「お気にかけていただきありがとうございます。」などとお礼を述べ、「せっかくですが、私にはお受けできないお話です。申し訳ありません。」と言ってお見合いを受ける気持ちがないことをはっきりと伝えるのが常識的です。
通常は「釣書(つりしょ・つりがき)」という、相手のプロフィール(学歴、職歴、本籍地、健康状態、取得資格や趣味、家族構成等が記入されている書類)や相手の写真が入った封筒を渡されるのが一般的のようですが、お見合いを受ける気がない場合は、初めからそれらの書類を受け取らずにお断りすることです。

万が一書類を受け取ってしまった場合や、どうしてもその場でお断りできなかった場合、また書類が送られてきてしまった場合は、開封せずに紹介者へお返しします。
もし封を開けてしまってからお断りすると紹介者にも失礼にあたりますし、今回たまたま気に入らなかっただけで追々お見合いする意思があると思われ、別の方を紹介されてしまう事にもなりかねません。
書類をお返しする際は「今は結婚する気持ちがございませんので」などと、お見合いする気がないという意思をはっきりと伝え丁重にお断りしたほうが、のちのち紹介者にも迷惑がかからないはずです。 

お断りケース(2)〜交際やお見合いのオファーをお断りしたい〜

これは結婚相談所でよくあるパターンです。決して交際やお見合いを強要するものではないので、もちろんオファーは自由にお断りできます。
まずは相手方の写真やプロフィールを見て判断することになりますが、この第一印象だけで判断するのはキケンです。必ず時間をおいてお相手のことを総合的に考えるようにしましょう。
2〜3日考えた末「フィーリングが合わないようなので、どうしてもお会いできそうにない」と感じ、どうしても相手の印象が良い方向に変わらない、という場合にはお断りする事を考えます。

相手から直接オファーがあった場合

専任アドバイザーがいる場合には定期的にお見合いの紹介を受けます。どうしても難しいようなら結婚相談所にお断りの連絡をします。「今回は辞退します」と伝えればOKです。あとは結婚相談所の担当者が相手にお断りの旨を伝えてくれるのでお任せしましょう。
相手に対して気マズさがないという意味では、アドバイザーに間を取り持ってもらうのが、最も精神的負担がないかもしれません。
また、「相手にどうやって断ろう・・」とアレコレ考える時間が削減できることから、忙しくて婚活に割く時間がない場合には非常に合理的な方法といえますね。

お断りケース(3)〜お見合いしたがその後の交際をお断りしたい〜

お見合いをしたからといって無理にお付き合いに進む必要はありません。そこで「どうしてもしっくりこないな・・・
と感じたら正直にお断りするべきです。結論を後回しにしてズルズル交際した後にやっぱり断ります、というのは相手にも失礼にあたりますし、自分の婚活時間を自ら縮めてしまうことになります。
アラサー過ぎての婚活はハッキリ言って時間が勝負!!なので、気持ちを切り替えて次のお相手探しをするのが賢明かと思います。また、相手に気を遣って次回会ったときに断ろうとすると、次回のお約束をした時点で相手への期待が高まりますので、なるべく早くお断りの連絡を入れましょう。

紹介者が結婚相談所のアドバイザーの場合

お見合い当日から一週間以内を目安に、紹介者にお断りの連絡をします。「今回は辞退します」と報告し、あとは結婚相談所側が相手にお断りの旨を伝えてくれるのでお任せしましょう。
ここでのポイントはお断りの理由と併せて「相手の○○は好印象でしたが、△△が気になりました。□□だとよかったのですが・・・」など、相手から受けた印象やお見合いの感想を具体的に報告すると、アドバイザーが次回のお見合いに生かしてくれ、より理想に近いお相手紹介に繋がることが期待されます。
結婚相談所での婚活では、納得のいく結論を出して明確にアドバイザーへ明確に伝えることが大切です。

紹介者が上司や親戚の場合

気を遣わなくてはならない方なので少し厄介です。こちらもお見合い当日から一週間以内を目安に、紹介者にお断りするのが一般的です。
ここで重要なのが紹介者の立場を尊重しなければならない点です。紹介者とこれからも関わって生活していくので気まずくなるのは避けたいところです。しかし「私にはもったいない方で・・・」というような曖昧な理由では、後々面倒な事になりかねませんからはっきりと丁重にお断りします。 
  例えば「お話しをさせていただきましたがお相手の○○が少しだけ気になり、それに△△(例:結婚後は家庭に入ってほしい)という相手の意向と合わなかったので、申し訳ありませんが今回は辞退させて頂きます。」などと、できれば2つ以上の理由の合わせ技でお断りすると、おおよそ納得してくれるはずです。
ここはあまり深く考えずに、自分の気持ちを素直に含めてお詫びすれば、十分誠意は伝わると思います。

お断りケース(4)〜何度かお会いした後(交際を進めた後)にお断りしたい〜

お見合い後、何度かお会いしてから(交際を進めてから)お断りをする場合は、今までとは少し違ってきます。何度かお会いしているのでお相手もかなり前向きで期待を持たれていると思われます。それなのに紹介者にのみお断りの連絡をして、相手に対し何の連絡もなしにそのまま音信不通・・・というのは非常識です。
従って、紹介者の有無にかかわらず自分で直接お相手にお断りの連絡をします。これは普通の男女のお付き合いにしても同じ事で、付き合いを続けるか別れるかという状況は何度か遭遇すると思いますが、その時も自分で直接意思を伝えお断りするのが礼儀というものです。
その時の二人の関係の深さにもよるので一概には言えませんが、相手を立てて自分に非があるような理由をもってお断りするのが、最も相手を傷つけない上手い方法かもしれません。

お断りケース(5)〜紹介者がなく、自分でお断りしなければならない〜

結婚相談所のコースによっては、交際の申込みをして良い返事を貰った場合、自分たちの意志だけで連絡を取り合い、紹介者なしでお見合いをセッティングする場合があります。
(一般的なお見合いとは違い、かなりカジュアルなスタイルのお見合いになります)
また、お見合いパーティーや、親戚や知人の紹介で当人同士が直接連絡を取り合って出逢いの場をセッティングする場合も含まれます。
いずれの場合も誰かが仲介してくれる訳ではありませんので、自分で直接相手にお断りの連絡をしなければなりません。どうしても直接会ってお断りしづらい場合は、電話やメール、手紙でお断りする方法もあります。
こちらもその時の二人の関係の深さにもよるので一概には言えません。相手を立てて自分に非があるような理由をもってお断りするのが最も角が立たないかと思います。