結婚相談所ってこんなところ/資料請求すると勧誘電話がしつこくかかってくる?|婚活調査サイト「アラサーみさこの婚活」

結婚相談所ってこんなところ

「アラサーみさこの婚活」とは?

独身アラサー女子が婚活の実態を報告する、婚活情報総合サイト
婚活女子アラサーみさこ IMAGE

管理人紹介

アラサーみさこ

とある企業で働く独身アラサーOL。そろそろ結婚を考え始めて婚活中。
みさこの友人 えり IMAGE

友人紹介

みさこの友人 えり

結婚願望が強い派遣社員。結婚相談所での婚活を検討中。
アラサーみさこの婚活情報 友人えりの結婚相談所情報
都道府県別の婚活情報 婚活なんでもランキング その他の婚活お役立ち特集 管理人の婚活コラム 私達はこうして結婚しました

管理人:アラサーミサコの婚活ブログ

ブライダル情報センター

ご自分のペースで無理なくお見合い相手を選べる結婚相談所。

お見合いパーティーのエクシオ

日本最大級!!全国47都道府県でお見合いパーティーを開催中。2010年度は、男女のべ参加人数40万人を突破。

合コンセッティングのステラ

幹事さん必見!!2名以上のグループ同士の合コンを、全国47都道府県でセッティングしています!
広告募集中

広告募集中

TOP > 友人えりの結婚相談所情報 > 結婚相談所ってこんなところ > 【よくあるギモン】資料請求すると勧誘電話がしつこくかかってくる?

資料請求すると勧誘電話がしつこくかかってくる?

携帯電話への営業電話や、ダイレクトメール攻撃でしつこく勧誘されるのでは・・・

結婚相談所に資料請求すると、携帯電話への営業電話や、ダイレクトメール攻撃でしつこく勧誘されるのでは・・・と不安をお持ちの方はいらっしゃると思いますが心配は無用です。
ここでは勧誘電話の活用方法や、いざという時の上手なかわし方をご紹介します。

結婚相談所に資料請求した後は必ず勧誘電話が来る!

どの会社でも必ず1回は勧誘電話がかかってくると思ってください。とは言っても1回目の電話で単刀直入に「入会してください!」といったような露骨な勧誘はないはずです。初めは、資料が手元に届いたかどうか、パンフレットに目を通してもらえたかどうかの確認であり、自己紹介やコミュニケーションを図る取るやり取りをする会社がほとんどです。
今や結婚相談所は社会的にも認知され発展しつつある最中であり、インターネットや口コミで簡単に情報が広がる時代です。下手な勧誘で自社のイメージダウンにつながっては元も子もありません。
業界全体のイメージアップや自社の宣伝の為に動いていますので、各社とも派手な営業行為は自主的に規制しているようです。
しつこくしすぎると社会的印象が悪くなってしまう恐れもありますから、やんわりとした常識的な勧誘するように注意をしているのでしょう。

勧誘電話を婚活に生かすにはどうすればよいか

このようにお話すると「結婚相談所ってなんとなく怖いから、入会をやめようかな」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、上手く利用すれば結婚への近道になることは間違いありません。複数の結婚相談所の勧誘を受けることで、結婚相談所のシステムや雰囲気が徐々にわかり、自分の中で「結婚に対するイメージが明確になっていく」という実感が持てるはずです。何も行動しないより、結婚へ一歩前進するのはいうまでもありません。

さて、できるだけ多くの結婚相談所に請求するのが、自分に合った結婚相談所に出会える秘訣ということは「入会前の情報収集術」の項目でもご紹介しました。
一つの結婚相談所だけでなく必ず数社へ資料請求するのが婚活を成功させる近道かと思うので、積極的に資料請求することをお勧めします。
勧誘を断るのは後からでもいくらでもできますが、焦って決めてしまい入会してしまうと、後戻りができなくなる可能性があり、勧誘電話を受けるよりも何よりも怖いことです。
後々、結婚相談所選びに後悔しないためにも、できるだけ多くの会社に資料請求し、電話で直接話を聞いてみましょう。その上で「ここはちょっと・・」とNGの判断を下した結婚相談所には必ずハッキリ断りの連絡をして、安心して婚活を進めていきましょう。

1回目の勧誘電話を上手く活用するポイント

初回の電話からあまり身構えて警戒心をあらわにするよりも、「結婚相談所のスタッフの雰囲気やシステムを知るチャンス」と思って、勧誘電話を活用するのが得策です。
私も複数の結婚相談所から電話を受けましたが、結婚相談所によってスタッフ説明の仕方、言葉使い、電話の切り方など多種多様だな〜と感じました。
例えば、言葉の言い回しや雰囲気が堅苦しい会社、逆にフレンドリーな会社。また、こちらの都合や電話に対応できる時間のあるなしを確認したうえで、手順を踏んで本題に入っていく会社。逆にこちらの都合お構いなし話を切り出し、自分のペースで会話を進めていく会社。こちらが切るまで受話器を置かない会社、さっさと受話器を切ってしまう会社などなど・・・。(あえて会社名は出しませんが・・)

特に、「こちらの都合お構いなしに話を切り出す」や「電話をガチャ切りしてしまう」に対しては、「基本的マナーとしてどうなの?そんなに忙しいのかしら?」とギモンに感じてしまいました。細かいことかもしれませんが、もし自分が入会しても丁寧に接してくれず、この電話のようにぞんざいに扱われるのではないか?とまで想像してしまったのが正直なところです。
たまたま、このような電話担当スタッフの方に当ってしまったかもしれませんが、こちらとしては、対応スタッフ=会社の印象として判断しますのでちょっと残念な気がしました。とはいっても、会社の雰囲気は無意識のうちに電話対応に表れるものですから、ある程度の判断基準にはなるでしょう。
このように、1回目の勧誘電話では自分なりのチェックポイントを踏まえて、自身の性格やペースに合うか合わないかを判断するよい機会となります。

2回目以降の勧誘電話(無料説明会や閲覧体験)のかわし方

1回目で断らなかった場合、数日後からあの手この手でお誘いがきます。例えば・・・無料説明会やプロフィール閲覧体験、マッチングお相手検索体験などなど。中にはブログを開設しましたので読んでください、な〜んてお誘いもあります。
良いカウンセラーに出会い、サービス面や料金面で納得できる結婚相談所への入会を目指しているのであれば、こういった機会には乗ってみるのがいいと思います。
まだ入会に踏みきれない場合や、なんとなく気乗りしない場合は「あいにく別の予定が入っています」や「予定が決まったらこちらから電話します」と伝え、一度電話を切りましょう。
しかし、いつまで悩んでいても先にすすめませんし、パンフレットや資料だけでは見えない部分もたくさんあります。できることなら、2回目以降の勧誘電話でアポイントメントを取り、一度結婚相談所のサロンや事務所なりに足を運んでみることをお勧めします。
せっかく先方も貴重な時間と電話料金を割いて、連絡してくれているのですから。

ただし、ここで注意していただきたいのが、1〜2社めぐって説明を聞いただけでその場で申込みしてしまうのはできる限り避けるべきというこ事です。サロンへ足を運んで説明を受けた時、会社担当スタッフが自分とフィーリングがぴったりで、予想以上にサービス内容や会社イメージが良かったからといって、その場の雰囲気やノリで即決してしまうのはキケンだと思います。
そのような時は「説明だけを聞きに来たので、他社の話も聞いてじっくり検討したいです」というように伝えて下さい。「どちらの結婚相談所を訪問されるのですか?」と聞かれる場合もありますが、その時には複数の会社名を挙げるか、又は言わないというのが賢明かと思います。
初めにこのように伝えておけば、スタッフ側も個々の事情を理解した上で説明を進めるなど配慮してくれますし、無理な勧誘はしてこないと思います。逆に早い段階で思を明確に伝えないと、知らず知らずの内にスタッフのペースに巻き込まれて話が進んでしまい、どんどん断りづらくなってしまうのでご注意を。

最終的に勧誘電話を断りたいときはどうすればいい?

前項で述べたような無料説明会やプロフィール閲覧体験に参加した場合や、はっきりした返事をしない場合は、続けて定期的な勧誘電話やダイレクトメール、新しい資料を送ってきます。会社のモットーとして「無理な勧誘はしない」とうたっている結婚相談所もありますから、もちろんその頻度や回数は会社によって異なりますが。

最終的に結婚相談所を1つに絞れたとき(入会する結婚相談所が決まったとき)には、その他の結婚相談所に「他の結婚相談所に入会しました」とはっきり断りましょう。
また、どの結婚相談所も自分とフィーリングが合わず、なんとなくしっくりこないと判断できた場合にも、同じくキッパリと断ることが重要です。
結婚相談所も入会の見込めない相手には必要以上の勧誘はしてこないと思います。もしそれでも勧誘が絶えない場合は、「予定が決まったらこちらから電話します」と伝え、メールでの連絡をお願いするのも有効です。
各社とも入会して頂くために必死ではありますが、最近はイメージを気にする会社が多いので、そこまで無理強いして勧誘してくるケースはないとお考え下さい。